×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クオン・サンウとは

クオン・サンウ。韓国出身の中では屈指の人気俳優である。いわゆる「韓流(ハンリュウ)スター」には興味のないひとでも一度はその名前を聞いたことがあるのではないだろうか。2006年のクオン・サンウは、どうもトラブルが多くて不遇の年だったらしい。
美しい顔の人、肉体美の人、ということでよく知られていた人らしい。ちなみに、某韓国芸能界の情報誌における「スーツの似合う韓流スター」というアンケートにおいて、クオン・サンウは8位にランクしていた

powerd by 楽市360

クオン・サンウの出演作

クオン・サンウは1998年に軍隊を除隊して、軍隊の同僚に薦められたとかで、ファッションモデルとしてデビューしたそうだ。ちなみに、クオン・サンウの出演作品はこんな感じ。2001年に『おいしいプロポーズ』で俳優デビューし、注目される。クオン・サンウにとってはここまでは生活苦もあったらしい。2004年に日本で放映された『天国の階段』でブレイクし、韓流トップスターの一人になった。
クオン・サンウは、幼い頃に国語の教師だった父親と死別している。その父親との約束が「教師になること」だった。そのためか、30代半ばまで俳優を続け、その後は美術教師になるという将来設計があるようだ。5つ違いの兄は、現役の中学校英語教師。
クオン・サンウの上記以外の出演歴は、同い年の家庭教師(2003年)、マルチュク青春通り(2004年)、恋する神父(2004年) 美しき野獣(2006年)、ただいま恋愛中(2002年)、太陽に向かって(SBS 2003年) など多数。

クオン・サンウの代表作

クオン・サンウの評価を高めた「同い年の家庭教師」。
大学2年生のスワン(キム・ハヌル)は学費を稼ぐために家庭教師をやっていた。そして受け持った生徒は同じ年の高校生!のジフン(クオン・サンウ)。スワンと同い年なのに留年し続ける札付きの高校生であった。財閥の息子で喧嘩っぱやく、目の前でスパスパ煙草を吸う超問題児ジフンにスワンは怒り心頭であったが…。インターネットで掲載された小説を原案にしているらしいです。クオン・サンウというひとはあまり不良性の高いイメージがないようだが、こちらでは、喧嘩に明け暮れ留年を重ねる不良少年を見事に演じた。このありそうでないシチュエーションがストーリーの軸となっている。
見た者の中には「クオン・サンウのファン向けの映画」「(韓国映画フリークとしては)中身の乏しい期待ハズレの作品」なんて言う人もいますが、「捨て身のギャグに笑った」「リラックスして楽しめる」と言う意見も多いんですよ。

powerd by 楽市360